徳島・阿波踊りの写真希望ありお届けします。

ロングステイクラブ会員の皆様8/3(月)皆様お早う御座います。

昨日8/2我町・坂出太鼓台祭りの写真会員向けに送信後に
個別に「徳島・阿波踊りの写真」あれば今年は中止が決まり
残念なので見たいのですがとご希望がありましたので写真を
少し整理し盛りだくさんに、これでもか・これでもかと言う
程毎年8/12から本場・徳島市内で始まる「阿波踊り」たっぷ
りとご覧下さい。
           青い国・四国・うどん県 八田忠

記載内容の訂正

 第81回LSC関西支部懇談会・懇親会の報告がされましたが、 一部訂正がありますのでお知らせします。
 第82回LSC関西支部懇談会・懇親会が12月開催予定ですが、
 担当ブロックが京都・滋賀・奈良ブロックと記載されてい
 ますが、兵庫ブロック(幹事:水谷昇)に担当頂きます。
 山田耕作

四国・香川の太鼓台祭り(写真)

8/2(日)皆様お早う御座います。

梅雨明け最初の第一日曜日は体温に近い35℃の予報が出ている
うどん県香川からは毎年恒例の「瀬戸大橋祭り・坂出太鼓台祭り」
が開催されますが今年はコロナの影響で中止になり残念ですが
どうぞ幾つかの想い出写真ご覧頂き雰囲気だけでも感じ取って下さい。

今までに日本全国から私の船友ご夫婦やご家族・現職時代の先輩・
後輩・同僚など振り返ればもの凄い数の船友が見学に来てくれました。
是非、来年は皆様も「四国の祭り」にお越し下さい。

この坂出祭りが始まるとエネルギッシュで燃え盛る熱い・暑い
8/9からは高知よさこい祭り・8/12からは徳島阿波踊り8/13から
香川の高松祭りと四国の祭りが始まります。
但し:今年は全ての行事がコロナで中止になりました。

「坂出太鼓台祭り」
坂出には江戸時代後期に太鼓台が伝えられ,各地で独自の祭礼文化
として伝承されました。戦前の坂出太鼓台は,塩田の激しい仕事に
耐え抜いた浜っ子衆によって担がれ激しさと気性の荒さが名物の祭り
だったようです。

さかいで大橋まつりに太鼓台が出場したのをきっかけに市内の各地区
で太鼓台の再建,新調ブームがわきおこり,地域の連帯と活性化,
坂出市の観光にも大きく寄与し,坂出独自の太鼓台が生まれています。

昭和61年にさかいで大橋まつり太鼓台が出場したのをきっかけに
市内の各地で太鼓台の再建,新調ブームがわきおこり地域の連帯と
活性化,坂出市の観光にも大きく寄与しています。

1台の太鼓台の重さは約2トン・1台の太鼓台には150名~200名
の自治会毎の人が担ぎ差し上げます。太鼓台は各自治会毎に1台あり
自治会あげて若い人からお年寄りまで纏まり女性は担ぎ手の飲食関係を
子供は町を練り歩く際に太鼓台を長いロープで引っ張ります。

シニアの方は長年の経験生かして太鼓台”総代”に付き太鼓台全体の指揮命令
をしますのでこの祭りがきっかけで小さなお子さんからお年寄りまで皆さん
挨拶を良くする様になり町中の人と人との纏まりが出来ています。

義捐物資贈呈式の新聞記事

昨日台湾銀髪族協会聯合会から贈られたコロナ災害に対する義捐物資を
神戸市医師会(神戸市第二次救急病院協議会)に届けました。
また水害被害に対する義援金は神戸新聞厚生事業団経由で熊本県に贈りました。
その模様が神戸新聞に掲載されました。

********************************

関西支部 神原克收

*********************************

台湾銀髪族協会からの義捐物資お届けしました

この度日頃お世話になっている台湾銀髪族協会聯合会から次の義捐物資と義援金がロングステイクラブへ届けられました。
本日これら義捐物資と義援金を山田耕作支部長と神原克收で下記の通りお届けしました。
贈呈の模様は神戸新聞社が取材に来られ明日の朝刊に載せてくれることになっています。

  コロナ災害への義捐物資として
医療用マスクN95 1,000個
一般用マスク   2,250枚
額温検測カード   400枚

贈り先  神戸市医師会

九州豪雨災害に対して義援金 150,000円

贈り先  神戸新聞厚生事業団経由熊本被災地へ

********************************

関西支部 神原克收

*********************************

クルーズ同好会(日本の船もダイヤモンドプリンセスも運航中止)

ロングステイクラブの皆様、7/29(水)お早う御座います。
四国は7/29今日梅雨明けとの情報です。

結論から:クルーズ客船は下記の通り運航中止が続いており
もう今年のクルーズは難しいのではと思う程中止続きです。
◇飛鳥Ⅱ        11/18出発のクルーズまで中止
◇にっぽん丸      9/24出発 のクルーズまで中止
◇ぱしふぃっくびいなす 10/19出発のクルーズまで中止
例の2月3日横浜に寄港しコロナ騒ぎになった
◇ダイヤモンドプリンセス号 12/7出発分まで中止

今後のクルーズは船会社も乗船客も「新しいクルーズ様式」に添って
の対応が必要になると思います。
*医療従事者の増員や検温の義務化・正確な健康診断表の記入と提示等*

コロナ菌1つで世界の動きが止められてしまいました残念です。

日本船3社とダイヤモンドPの思い出の写真ですどうぞ御覧下さい。
     LSC関西旅行企画G・クルーズ同好会・世話役 四国 八田忠

81回LSC関西支部懇談会・懇親会レポート

第81回LSC関西支部懇談会・懇親会レポートを添付します。

第81回LSC関西支部懇談会・懇親会レポート

写真は、高原さんからいただいた画像を添付します。

よろしくお願いいたします。

濱田佳津江

映像作品:立山連峰「スロー登山を楽しむ」(10分)

夏山シーズンがやってまいりました。過去に登った立山連峰の映像を編集して映像作品が完成させましたのでご覧頂きたい。

■作品を作った背景

私の趣味の一つに登山がある。若い頃は、重い荷物を背負って頂上を目指して必死に登ったものである。頂上を極めたときの喜びは今でも忘れられない。

 70歳を過ぎた今でも山登りに対する憧れがある。これからは頂上を極める山登りではなく自然を味わいながら楽しむ山登りをしたいと思う。

 山登りには「登山」と「下山」がある。青春の頃の山登りは「登山」に意味があると考え、頂上に達した時はクライマックスとなり、雲海を眺めながら最高の達成感を味わった。一方「下山」は”オマケ”か”付録”のように思って、時には走って駆け下りたときもあった。

しかし、最近では「下山」にこそ意味があり、もっと楽しめるように思ってきた。下山するとき転倒しやすく注意は必要であるが、「登山」では味わえない余裕がある。足元に咲く可憐な高山植物の花も綺麗だ。立ちとどまって見下ろす下界の展望も素晴らしい。視野を広げたり、遠望したりすると感動の連続である。道行く人との会話も楽しいものである。

 人生にも「登山」と「下山」がある。体力的にも峠を越えると下山の道を歩くことになる。しかし、その道は付録の道であってはならない。工夫次第で「下山」が楽しくなる。

 私の故郷・富山の立山連峰でスロー登山を試みてみた。スロー登山の楽しみ方をビデオ作品にした。スロー登山を楽しんで人生を豊かに優雅に実り多いものにしていきたい。クライマックスは「山頂」で終えるのではなく、「下山し終える」まで続けられるように思って来た。是非ご覧頂きスロー登山を是非体験して頂きたいと思っている。

国内旅行を対象にした旅行代金半額支援の「Go TO トラベル」事業が始まりそうです。国内の自然がいっぱいの所であれば新型コロナにも安心できそうです。

■作品の見どころ

  1.室堂平から浄土山まで

    ・立山カルデラ展望台 ・岩場登り ・北アルプスの山々と雲海

  2.尾根伝いに立山山頂をめざす

    ・残雪の残る山々と室堂平 ・立山山頂 ・眼下の黒部ダム

  3.下山を楽しむ

    ・雪渓を歩く ・人との出会い ・みくりが池と立山連峰

  4.弥陀ヶ原高原を歩く

    ・夕暮れと夜明けの大日岳 ・弥陀ヶ原湿原ウオーク

  

■モデルコース

  ●初日: 大阪????➡富山駅????➡立山駅〈cableカー〉➡美女平バス➡室堂

           宿泊:室堂平

  ●二日目:

 室堂〈徒歩〉➡室堂山カルデラ展望台〈徒歩〉➡浄土山〈徒歩〉➡

    一の越〈徒歩〉➡立山山頂〈徒歩〉➡一の越〈徒歩〉➡       

みくりが池・温泉〈徒歩〉➡天狗平????➡弥陀ヶ原

       宿泊:天狗平 又は 弥陀ヶ原

  ●三日目:

 弥陀ヶ原〈徒歩〉➡弥陀ヶ原カルデラ展望台〈徒歩〉➡弥陀ヶ原湿原散策

    ????➡美女平〈cableカー〉➡立山駅????➡富山駅????➡大阪

■映像作品と写真

 次のアドレスにアクセスをすれば

  映像作品:立山連峰「スロー登山を楽しむ」がご覧いただけます。

  https://youtu.be/ETZmlVvldbw

     高田幸夫(TAKATA YUKIO)

アベノマスク

ロングステイクラブの懇親会で楽しんでいます。僕は、評判の良くないアベノマスクをしていますが、他にアベノマスクはいません。
アベノマスクは、批判が多いですが、どうしてどうして、中々優れものですよ。

正木伸治

祝第81回懇談会懇親会

皆様、飲んで、食べて、話して、笑って、大いに楽しんで下さい。

第81回LSC懇談会懇親会での新ホームページ紹介時、テストとしてはリアルタイムアップの説明の為にアップ致しました。

正木伸治